東北FOOD研究室

◆『東北の大地の恵み』を紹介するのは SFレンジャー黄

SFレンジャー黄
農地面積が広く、きれいな水が豊富で、昼夜の寒暖差が大きい東北地方。米をはじめ、様々な作物を育てるのに適した条件が揃っているんだ!
森林資源にも恵まれ、良質な木材の他、椎茸・木炭・うるしなど等の生産量もトップクラス!
また、広大な土地を利用して、酪農、養豚、養鶏などの畜産業も盛んだよ!
日本地図
青森県
【 代表的な特産品 】
りんご/アピオス/にんにく/ごぼう/ながいも/大根/カブ/プルーン/西洋なし/カシス など
青森県
青森県はりんごと共に、「アピオス」の生産量も日本一!
アピオスとは、北米原産のマメ科の植物。
インディアンの栄養源として食されおり、その高い栄養価が注目を浴び、「畑のうなぎ」「驚異の自然食品」とも言われています。明治時代に北米から青森へ輸入されたりんごの苗木の土の中に紛れこんだのが始まりなんだって!
岩手県
【 代表的な特産品 】
雑穀類/ホップ/きゅうり/畑わさび/まつたけ/ピーマン/米/前沢牛/白金豚/りんご/ブルーベリー など
岩手県
外国産が多くを占める雑穀において、貴重な国産雑穀のほとんどを栽培しているのが、岩手県。岩手は、雑穀生産量日本一なのです。
「五穀豊穣」という言葉もあるように、日本人にとって雑穀は古来からの栄養源。
岩手出身の宮沢賢治の童話(『狼森と笊森、盗森』、『鹿踊りのはじまり』etc )にも、雑穀が登場するんですよ。
秋田県
【 代表的な特産品 】
米(あきたこまち)/じゅんさい/わらび/うど/トンブリ/しいたけ/枝豆/アスパラガス/りんご/梨/黄桃/ラズベリー/秋田比内鶏 など
秋田県
秋田県のお米「あきたこまち」といえば、パッケージの、市女笠姿の「こまち娘」のイメージですよね。
しかし、秋田県以外で作付けされたお米が「あきたこまち」ブランドに便乗し、類似した米袋で流通することも多くなり、秋田県出身の漫画家、矢口高雄による釣りキチ三平パッケージに統一されたという。
その後、全国初の「美少女萌えキャラ」パッケージで新米予約が例年の5倍になった年も・・・。
宮城県
【 代表的な特産品 】
せり/パプリカ/みょうがたけ/フサスグリ(カランツ)/仙台牛/米(ひとめぼれ、ササニシキ) など  など
宮城県
鮮やかな色で料理のアクセントとしても人気のパプリカ。そのほとんどが輸入品ですが、宮城県内には複数の大型ハウス施設があり、国内の生産量は第1位!
赤・黄・オレンジがありますが、色によって栄養価が違うんです。
【赤】豊富に含まれるβカロテンは強力な抗酸化作用で動脈硬化や心筋梗塞等の生活習慣病の予防、冷え性や疲労回復も期待できます。
【黄】シミやソバカスを防ぐビタミンC、肌の老化を防ぐルテインが豊富に含まれています。
【オレンジ】β-カロテンやビタミンC、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEなど、赤と黄、両方の成分を含んでいます。
山形県
【 代表的な特産品 】
さくらんぼ/ぶどう/西洋なし/すいか/メロン/あけび/庄内柿/米沢牛/庄内豚/平牧三元豚/食用菊/米(つや姫)/山菜 など
山形県
山形県は、野菜、果物、畜産物と様々な特産品がありますが、中でも名物といえば「さくらんぼ」
その収穫量は、他県を圧倒する7割以上のダントツ日本一。
朝夕と日中の寒差が著しい盆地独特の気候といった環境と、明治時代から官民挙げて栽培に励んだ努力の歴史があるんです!
山形新幹線には「さくらんぼ東根駅」という駅まであり、「赤い宝石」と言われるほど高級なものもありますが、その形状から「小さな恋人」と呼ばれ、山形県民から愛されるご当地名物の果物!
福島県
【 代表的な特産品 】
もも/ネクタリン/あんず/日本なし/ブラックベリー/つるむらさき など
福島県
桃は、生で食べるだけでなく、様々な活用法があるんです。
福島のおばあちゃんのレシピを、その娘さんが40数年後に商品化した「桃の漬物」は、その新鮮な食感に驚きです!
また、桃の種にも、たくさんの栄養が含まれていることをご存じですか?桃の種を割ってみると、中から更にいくつかの「桃仁(とうにん)」と呼ばれる種が出てきます。桃仁は漢方薬としても使われており、血流の改善、便秘の解消、生理不順や生理痛、更年期障害など、女性特有の症状の緩和の効果もあるそう。